REMEDY

レメディ

心を癒し整えバランスを取り戻す

ヒーリングハーブス社で作られている38種のレメディを使って、
その時々の感情や状況に適したレメディを飲用する事でバランスを取り戻し、本来の良い状態へと自然に戻してくれるのです。

ABOUT

レメディとは

REMEDY

フラワーエッセンスを一言で説明するとしたら、「お花のエネルギー」という表現になります。
ヒーリングハーブス社で作られている38種のレメディは、
人間の基本となる38の感情に合わせて植物が選ばれています。
その時々の感情や状況に適したレメディを飲用する事でバランスを取り戻し、
本来の良い状態へと自然に戻してくれるのです。
心の問題や傷は治せないと言われてきましたが、
それを癒し整えバランスを取り戻すのがフラワーエッセンスなのです。
パッチ博士は功名な医学博士でしたが、
「病気の始まり・なぜ病気になるのか」を研究し、
精神と肉体 の繋がりに着目しフラワーエッセンスを誕生させました。
以来、博士は病気の治療薬としてフラワーエッセンスを処方していましたが、
現在、日本ではメンタルケアとして使用されています。

超微量の法則とは?

ハーネマンが提唱した、「薄めれば薄めるほど薬の効果は強くなる」という考え方です。

ペットのストレスケア

PET

欧米諸国では、数十年前より獣医さんも動物の健康維持にフラワーエッセンスを役立てています。
心の変化、行動の変化、ストレスなど、フラワーエッセンスは驚くほどの力でペットたちの心をサポートします。

7グループ選択法

7GROUP METHOD

バッチ博士は38種類のフラワーエッセンスを人のマイナスの心理傾向(否定的な感情)別に7つのグループに分類しました。
自分の心理状態にあったグループの中から、必要と思われるエッセンスをお選びください。



植物の特徴-ネガティブな面・ポジティブな面

バッチ博士は、植物の特徴のネガティブな面が、
人間の心身のアンバランスを引き起こす感情的・心理的な乱れに対応する一方で、
ポジティブな面が、心身の不調和を調和させ、癒しに導く助けになると考えました。
これに基づいてこちらでは38種すべてのエッセンスの
ネガティブな面とポジティブな面を記載しています。

- 心身のアンバランスを引き起こすネガティブな心理状態

+ エッセンスによってもたらされるポジティブな心理状態
section1
セラトー
Cerato
(セラトーの花)
- 判断に自信がない、客観的な判断が出来ない
         ↓
+ 自分自身の直感を信じる、確信を持つ
スクレランサス
Scleranthus
(スクレランサスの花)
- 優柔不断、何を求めているか分からない
         ↓
+ 決断する能力、揺るぎない自己の確立
ゲンチアナ
Gentian
(リンドウの花)
- 気落ちしやすい、疑い深く信念がない
         ↓
+ 信念と勇気、最善を尽くせば失敗はない
ゴース
Gorse
(ハリエニシダの花)
- 絶望、完全なあきらめ、自暴自棄
         ↓
+ 希望を持ち続ける、困難に打ち勝つ意思
ホーンビーム
Hornbeam
(西洋シデの花)
- 一時的な疲労感や倦怠感、休みの後仕事する気が起きない
         ↓
+ やる気や持続力が生まれる、学ぶ楽しさ
ワイルドオート
Wild Oat
(スズメノチャヒキの花)
- 人生の方向性、目的、願いが分からず不満
         ↓
+ 目的が明確になり自分の可能性を見出す
section2
ロックローズ
Rock Rose
(ハンニチバナの花)
- パニック状態、突然の出来事、恐怖
         ↓
+ 冷静さと平静さを取り戻して状況対処
ミムラス
Mimulus
(ミゾホウズキの花)
- 原因や理由がはっきりわかっている恐怖
         ↓
+ 恐怖を手放す、挑戦してみる勇気
チェリープラム
Cherry Plum
(ベニバスモモの花)
- 感情が抑制できない、自暴自棄
         ↓
+ 精神的な強さとバランス、正気を保てる
アスペン
Aspen
(西洋ヤマナラシの花)
- 漠然とした不安、説明できない恐れ
         ↓
+ 未知を受け入れる勇気、普遍性に気付く
レッドチェストナット
RedChestnut
(ベニバナトキノキの花)
- パニック状態、突然の出来事、恐怖
         ↓
+ 冷静さと平静さを取り戻して状況対処
section3
クレマチス
Clematis
(クレマチスの花)
- 非現実的、空想に逃避、集中力の欠如
         ↓
+ 現実を生きる力、現実の状況を認める
ハニーサックル
Honeysuckle
(ハニーサックルの花)
- 過去を美化してその思い出に生きている
         ↓
+ 過去を手放し、現実と向かい合い今を生きる
ワイルドローズ
Wild Rose
(カニナバラの花)
- 無気力、無関心、人生に対してあきらめ気分
         ↓
+ 人生に対して新たな活力
オリーブ
Olive
(オリーブの花)
- 心身共に疲労、消耗、長期に渡る過度のストレス
         ↓
+ 生きるためのバイタリティが蘇る
ホワイトチェストナット
Whitechestnut
(西洋トチノキの花)
- 考えても仕方のないことばかり頭に浮かぶ
         ↓
+ やるべきことに集中できる建設的思考
マスタード
Mustard
(マスタードの花)
- 説明できない落ち込みや憂鬱感
         ↓
+ 喜びや幸福感、日々の幸福を感じる感性
チェストナットバッド
ChestnutBud
(西洋トチノキの芽)
- 同じ過ちを繰り返す、学びを見落とす
         ↓
+ 人生から教訓を学ぶ、経験から学び取る
section4
ラーチ
Larch
(西洋カラマツの花)
- 自信のなさ、劣等感、失敗を予期する
         ↓
+ 自信が生まれる、好機に最善を尽くす
パイン
Pine
(西洋アカマツの花)
- 自分を非難する、失敗を過剰に悩む
         ↓
+ 自分自身をありのまま受け入れる
エルム
Elm
(西洋ニレの花)
- 一時的な自信の喪失、傷つきやすい
         ↓
+ 仕事をやり抜く自信、可能性を信じる
スイートチェストナット
SweetChestnut
(西洋グリの花)
- 努力や我慢の限界、絶望のどん底
         ↓
+ 新しい可能性を見出す、信じる力
スターオブベツレヘム
StarofBethlehem
(オオアマナの花)
- ショック時、過去の不幸が忘れられない
         ↓
+ ショックを和らげる、心の深い傷を癒す
ウイロウ
Willow
(ヤナギの花)
- 人生や社会に憤りを感じる、自分は哀れな犠牲者
         ↓
+ 全てを受け入れ人生に感謝
オーク
Oak
(オークの花)
- 無理な重荷を背負う、頑固に頑張る
         ↓
+ 限界を受容する、負担を人と分かち合う
クラブアップル
CrabApple
(リンゴの花)
- 自分への嫌悪感、小さなことにこだわる
         ↓
+ 広い視野を持つ、浄化、問題の理解
section5
アグリモニー
Agrimony
(西洋キンミズヒキの花)
- 人に言えない心配、安易な環境を好む
         ↓
+ 心の落ち着き、悩みが重大でないと理解
セントーリー
Centaury
(セントーリーの花)
- 意志の弱さ、受け身、他人に心配される
         ↓
+ 真の強さを見いだす、他人に左右されない
ウォールナット
Walnut
(ペルシャグルミの花)
- 環境の変化についていけない、周りの影響を受けやすい
         ↓
+ 順応、偏見のない心
ホリー
Holly
(西洋ヒイラギの花)
- 嫉妬、憎しみ、反感、否定的な感情
         ↓
+ 愛、哀れみ、共感、理解
section6
チコリー
Chicory
(チコリーの花)
- 所有欲、エゴイズム、見返りを求める愛
         ↓
+ 無償の愛、個を超えた全体への奉仕
ヴァ―ベイン
Vervain
(クマツヅラの花)
- 過度の集中、興奮しやすい、理屈っぽい
         ↓
+ 過剰にならずバランスを知る、穏やかさ
ヴァイン
Vine
(西洋ブドウの花)
- 威張っている、頑固、わがまま、支配的
         ↓
+ 寛大で理解のあるリーダー、包容力
ビーチ
Beech
(西洋ブナの花)
- 批判的、狭量、高慢、欠点を批判する
         ↓
+ 思いやり、寛容、個性の違いを認める
ロックウォーター
RockWater
(岩清水)
- 自分に厳格、完璧主義、喜びの否定
         ↓
+ 心のゆとりや柔軟さを身につける
section7
ウォーターバイオレット
WaterViolet
(ウオーターバイオレットの花)
- 人と打ち解けない、静かで引っ込み思案
         ↓
+ 他人とのかかわりが重荷ではなく喜びに感じられる
インパチェンス
Impatiens
(インパチェンスの花)
- 短期で怒りっぽい、他人を急がせる
         ↓
+ やさしさ、堅実、他人への共感、調和
ヘンザー
Heather
(エリカの花)
- 孤独が耐えられない、おしゃべり
         ↓
+ 心の平和と連帯感、他人に注意を注げる

緊急時

EMERGENCY

ファイブフラワーレメディー

バッチ博士は「緊急時のレメディ」として、
チェリープラム、クレマチス、インパチェンス、スターオブレツヘレム、ロックローズの
5種類をブレンドしたファイブフラワーレメディを作りました。
突然の事故や事件、悲報に遭遇したとき、今すぐに助けが必要と感じるとき、困難に立ち向かうとき、
そして気が動転するような状況に陥ったときなど、あらゆる緊急事態の場面でお使いいただけます。

ファイブフラワークリーム

フラワーエッセンスは飲むだけでなく、外用としても使用できます。
ファイブフラワークリームは、オーガニックアーモンドオイル(肌を柔らかくする成分)をベースにした植物性のクリームに、
ファイブフラワーレメディとクラブアップル(肌荒れを防ぐ成分)のエッセンスを配合しています。